テニス肘・上腕骨外側上顆炎

このようなお悩みありませんか?

  • 運動中、お仕事中に肘が痛む。
  • 日常生活で肘に痛みを感じるときある。
  • ドアノブを回すときに腕が痛い。
  • スマホなど小物を持つときに痛い。
  • 腕の曲げ伸ばしが痛くて出来ない。

テニス肘とは

正式名称は上腕骨外側上顆炎といい、テニスのバックハンド動作で痛みが起こることが多い為、テニス肘と呼ばれています。しかし、最近では日常生活の影響から同様の痛みを訴える人が多くなっています。

 

 
テニス肘の原因は、肘周りにある前腕伸筋腱付着部の炎症の事です。

症状は

・肘の外側が局所的に痛む
 ・肘を動かしたとき外側が痛い
 ・物を持った時や雑巾を絞った時に痛い
などが現れます。
原因は肘から下の前腕伸筋群(腕を伸ばす筋肉、手首をひねる筋肉)の使いすぎで
スポーツでは、 ゴルフ、バドミントン、卓球、テニス などに多く、
テニスの愛好者がよく発症することから
一般的に「テニス肘」と言われます。
 
ですが、実際にテニスをして発症する方より、
料理人大工、ドライバーを使う作業など、手を使う機会が多い人によくみられます。

また、手作業が多い中高年の女性は、

男性よりも筋肉量が少ないためテニス肘を発症しやすいです。

肘関節には、指を動かす筋肉も付着していますので
最近は、長時間デスクワークしている方にもみられやすくなっています。
ご自宅では手を使わず安静にしたり、
肘や手のストレッチを行う など、
肘周りを休めるようにしてくださいね^^

当院での施術

もし、ご自分でストレッチをしても
あまり改善しない場合は、
鍼や整体で肘周りの筋肉の緊張を緩めたり
テーピングで肘の関節の負担を軽減することで
肘の痛みや動きが改善しやすくなります。
また、身体の歪み原因がほかの部位であることも考えられます。
初診での問診や触診でしっかり検査致します。
当院には「テニス肘」だけでなく、
・肘の内側が痛い
・スポーツをしていたら肘が痛くなってきた
・肘だけでなく、手首も痛い
・肘の痛みだけでなく、痺れも出てきた
という方もよくご来院されます。

お問い合わせ

えがお鍼灸整骨院お問い合わせ予約フォームはこちら

えがお鍼灸整骨院お問い合わせ えがお鍼灸整骨院お問い合わせ電話番号0749-64-3919
TOPへ戻る